アイフルから借りたお金が返せなくなるとどうなる?

アイフルから借りたお金というものは、後で必ず返済するという契約のもと利用できるものです。そのため、もしも返済できなかった場合には契約違反ということになりますので遅延損害金というペナルティが発生します。

 

アイフルでは20%という遅延損害金利率が設定


されており、借入を受けた金額と延滞した日数をもとに計算された金額を支払う必要があります。

遅延損害金を含めて返済して初めて延滞した状態ではなくなり、翌月からは通常どおりの金額を返済していくことができるようになりますが、返済できなかった場合にはたくさん支払わないといけないというイメージで理解しておくと良いでしょう。

個人信用情報機関にその情報が登録される

もしもアイフルへの返済が遅れた場合には、個人信用情報機関にその遅れた情報というものが登録されてしまいます。個人信用情報機関に登録されている情報は、アイフルはもちろんのことその他の消費者金融業者をはじめとする

 

カードローン業者やクレジットカード発行時の審査の際に確認されるものです。


ここに登録されている信用情報をもとに、申し込んできた人の返済能力を判断することになりますが、アイフルへの返済が滞納したという情報が登録されていると、新たにお金を借りたりクレジットカードを発行したりする場合には評価が低くなります。

アイフルへの返済ができなくなると、こうしたデメリットにもつながってきます。

どうしても返済できない時には?

アイフルからお金を借りたものの、どうしても返済ができないという状態が続くと最悪の場合裁判所からの命令で

 

強制執行をされてしまい財産の差し押さえをされる可能性があります。


また、返済されないことを理由として裁判を起こされるといったケースもあるかもしれません。

お金を借りている人の中には返済しない状態を継続して時効を成立させようという人もいるかもしれませんが、この場合は裁判を起こされてしまうと成立できなくなりますのでこれも現実的な話とはいえません。もちろんこれらは最悪の可能性であり、

 

そうなる前に何らかの対応すべきですが・・・


もしもどうしても返済する事ができないという場合には弁護士などに相談して債務整理をするというのもひとつの方法です。もっとも、それ以前にアイフルでお金を借りる場合には返済できるかどうかという事をしっかりと考えたうえで申込するという事が大切です。