アイフルへの返済計画

アイフルからお金を借りた場合、当然ながらその分に対して返済する必要があります。この場合、重要となってくるのは返済計画をできるだけ具体的に考えるということです。アイフルへの返済計画の考え方の基本となるのは、

 

  • いくら借りるのかという点
  • いつまでに返済を終わらせるのかという点

です。アイフルから借りる金額が高額になればその分返済しなければならない金額も高くなっていきますし、返済する期間が長くなればそれに応じて支払う利息も増えていきます。また、一回あたりの返済を多くする事でそれだけ早く返済を終わらせる事ができますが、

 

その結果毎月の返済が難しくなっていく可能性もあります。


そのため、アイフルへの返済計画についてはいくら借りていつまでに返すのかという点について両面から考える必要があります。

金額面からの返済計画

アイフルへの返済計画を考えるにあたって、基本的な考え方となるのはいくら借りるか、ということです。

 

無理なく返済できる金額の範囲で借入を受けること


は、アイフルを利用するうえでのひとつのポイントではありますが、この場合は自身の収入の金額から考えると良いかもしれません。アイフルは消費者金融ですので総量規制の関係から

 

年収の3分の1までが限度額となりますが・・・


実際に借入を受ける金額としてはそのさらに半分までにとどめておいたほうが良いでしょう。また、アイフル以外に借入を受けている場合などはその分も含めて返済を進めていくことになりますので、返済計画についても同じように考えていく必要があります。

返済期間からの返済計画

アイフルへの返済についてはいつまでに終わらせるのか、という点も重要です。住宅ローンなどのように35年ローンといった区切りがアイフルにはありませんので、むしろアイフルへの返済期間を何年と決めたうえで考えることはとても大切なことです。

アイフルではホームページで借入金額や金利などを入力することで返済計画を確認できる返済シミュレーションを用意しています。こうした返済シミュレーションを利用することでより具体的な返済計画をたてることができるようになりますので、

 

どのようなイメージで返済をしていくべきか・・・


を考えたい場合にはぜひ利用したいところです。返済期間については具体的な期間を区切っておくことで、アイフルへの返済についてもよりリアリティをもって考えることができるようになります。