急にまとまったお金が必要になった場合に便利なのが、消費者金融業者です。特にアイフルは知名度も高く、多くの利用者も存在することからお金を借りるための選択肢として考える人も多いのです。

 

ですのでアイフルでお金を借りる際に必要な書類をチェックしておきましょう。


アイフルの申込前に用意する書類とは?

アイフルの特徴は、誰でも手軽に申し込むことができるという点にありますが、それでもある程度はこちらから用意しておかなければならないものがあります。融資を申し込む前に、「必要な書類」が揃っているかどうかを改めて確認しておきましょう。

まず最も基本的なものといえるのが身分証明書です。これはアイフルに限ったことではありませんが、お金を消費者金融から借りる場合には、必ず身分証明書を用意しておきましょう。

「お金を借りる」という場合には、借りる側が信頼できる相手であるかどうかを確認しますよね。アイフルからお金を借りるのであれば、アイフルが問題ない業者かどうか、安心して借りることができるかどうかを判断してから借りると思いますが、逆にアイフルもまた、借りる側の人に対して「安心して融資できる相手かどうか」を判断します。

そのため、身分証明書はアイフルが行う必須の確認事項となっています。アイフルの審査で提出する身分証明書としては、

 

  • 運転免許証や健康保険証
  • パスポート

などがあります。中には住民票を用意する人もいますが、住民票はアイフルでは身分証明書として判断されませんので注意しましょう。

次に必要なものといえるのが、収入証明です。アイフルでは50万円を超える融資を受ける場合と、他からの借入を合わせて100万円を超える場合に収入証明書類の提出が必要となりますがそれ以下の場合は必要ないので、嫁に内緒でキャッシングする事ができます。

たとえばアイフルで契約する金額が10万円としても、既に他から90万円以上の借入があれば、収入証明を確認してもらわなければなりません。収入証明としては

 

  • 源泉徴収表
  • 直近2ヶ月の給与明細
  • 確定申告書

などがあります。


これらの収入証明については勤務先で発行されるものですが、もし難しいようであれば住民票管轄の役所などから所得証明書を発行してもらうことができますので、こうしたものでも大丈夫です。