アイフルにはおまとめローンは総量規制の範囲を超えて借り換えることができる

アイフルにはおまとめローンとして利用できる商品が2種類用意されており、

 

それがおまとめMAXかりかえMAXという商品になります。


この2つの商品はどちらも総量規制の例外にあたるローンとなっているので、通常のカードローンのように総量規制で規制されることが無く年収の1/3を超えている場合でも利用することが可能となります。

総量規制の例外になる理由としては、おまとめMAX・かりかえMAXが返済特化型のローンであり、通常のカードローンよりも金利が低く設定されおり利用者にとって一方的に有利なローンであるためです。

そのため総量規制の規制の心配もなく複数のローンを一纏めにして返済計画を立てやすくすることと、月々の返済を楽にすることが出来ます。

 

またこういう条件じゃないと、総量規制の例外適用商品とならない為、総量規制の範囲を超えて借り換えることが出来ません。


おまとめMAXとかりかえMAXの違い

 

おまとめMAXとかりかえMAXの違いとしては、

  • すでにアイフルを使用している人、過去にアイフルを利用したことがある場合に利用できるのがおまとめMAX
  • 初めてアイフルを利用する人が利用可能となるのがかりかえMAX

となります。


基本的な内容としてはほとんど違いが無いのですが、実質年利に多少違いがありましたが、現在ではどちらも実質年率3.0%~17.5%借り入れ可能額は1万円~800万円となっています。

そのためアイフルを利用しており、現在の利用からおまとめMAXに変更する場合のほうがよりメリットがありましたが、現在ではどちらも同じでアイフルとの契約があったかなかったかで商品を選ぶ事になります。

おまとめMAXもかりかえMAXも基本的にはよほど問題が無ければ利用できるおまとめローンですが、借入の種類によってはおまとめも借り換えも出来ない場合があります。

おまとめ・借り換え共に出来ない借入に当たるのは、

 

個人間での借入に関してはおまとめすることが出来ませんし、基本的には貸金業法で借入した借入金のみおまとめと借り換えが可能となっています。


アイフルの利用規約にも記載されている通り、

 

おまとめMAXもかりかえMAXも、銀行からの借入やクレジットカードのショッピング等は対象外ということになります。


ただしクレジットカードのキャッシング枠に関してはショッピング枠とは異なるためおまとめMAX・かりかえMAXの利用が可能となります。

総量規制の例外を適用するこの二つのローンでは少し手続きは異なる

おまとめMAX・かりかえMAXを利用希望する場合には、通常のカードローンの申込とは少々手続きが異なり、まずはおまとめするための他社借入がいくらあるのかを正確に知る必要があります。

その為提出する書類には他社借入条件等の確認ができる書類が必須となっており、それが準備できない場合は審査を受けられないことになります。

それと同時に本人確認書類と、返済が問題なく可能であることを示すための源泉徴収票などの収入を証明する書類も提出する必要があります。

それが揃って初めておまとめMAX・かりかえMAXの申し込み準備が整ったことになります。あとは電話やネットから申し込みを行ない、審査を経たうえでOKが出ればはれておまとめローンの利用が可能となります。

おまとめや借り換えに必要な金額がアイフルから融資された場合は、それを利用して他社の返済を完済させ、あとはアイフルへの返済のみを行っていく形となります。