インターネットの普及に伴い、実際に店舗を持たずネットの中でのみで取引を行うネット銀行が最近では多くなってきました。有名なところでは楽天銀行やイオン銀行などが知られていますが、こうしたネット銀行のひとつとしてセブン銀行があります。

ネット銀行とはいえ、実店舗を持った銀行に何らひけをとらない様々な金融商品やサービスの展開が行われており、カードローンについても同様に商品展開が行われています。

セブン銀行は、セブンイレブンなどで知られるセブン&アイホールディングスが経営母体となっており、ネット銀行ではありますが高い信頼性があることでも知られています。

なぜセブン銀行カードローンには在籍確認がないと言われているのか?

そんなセブン銀行のカードローンは、誰でも手軽に利用できるということをテーマとしており、基本的に誰にも会わずにインターネットだけで申し込みから利用開始まで行うことができます。インターネットを通してのサービスなのだから当然という意見もありますが、

 

融資を受けるために必要な書類もすべてネット経由で用意する必要があります


ので、「誰にも会わずにカードローンの契約ができる」とはいえなかなかすんなりとはいかないのが現状です。それでもセブン銀行の最大の特徴は、

 

審査段階における在籍確認がないという点にあります。


在籍確認とは、融資を受けるにあたって申し込みをした人が果たしてその勤務先で本当に働いているかどうかを判断するための作業となります。そのため、ほとんどの銀行や金融機関では融資の与信判断の際にこの在籍確認を必須項目としています。

もちろんすべての方が在籍確認がないというわけではなく、ごく一部の申込者のみ在籍確認の出来ない方の申込の場合のみです。その申込者とは、

 

専業主婦です。専業主婦は収入がなく、セブン銀行カードローンでは配偶者の収入により申し込める為、在籍確認がありません。


セブン銀行はこうした点を必須としていないことでこれまでとは異なる新たな「カードローン審査」のスタンスを打ち出したといえますが、その反面融資を受けることができる借入限度額については初回は10万円・30万円・50万円の3パターンとなっており、最初に借入を受けることができる金額は10万円までとなっており、こうしたセブン&アイホールディングスのメイン顧客である主婦をターゲットとした低めの限度額設定がかえって審査の簡便さにつながっているのかもしれません。